アウトドアエンターテインメント

ハクサイにチャレンジ!

2020/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 苗を頂きました

近くで畑をされているお母さんから「ハクサイの苗余ったけどいらんね?」と声をかけて頂きました。

もともと予定に無かったため、種はもちろんありません。

完成したまっさらな畑、何かを植えたくてウズウズしておりましたので喜んで頂きました!

品種は「わからない」とのこと(笑)

定植前に、ポットごと水につけます。

 

9月13日

新しい畑の定植第一号はハクサイ!

できることならしっかりと育ち「立派に出来ました!」と感謝のご報告をしたいものです。

 

風から守るために不織布でトンネル掛け。

いつでも開けられるように、クリップで挟んで弓に固定。地面にはペグを数カ所差し込みました。

 

なんとなくですが、わざと離して2カ所の畝に定植してみました。

実はこの後、左側の畝はアブラムシの被害でほぼ壊滅。右側の畝はまた別の虫が発生するのです。こんな近さでも場所によって違いが出るんですね。

 

11月17日

定植から約2か月。だいぶ大きくなりました。

少しづつ結球も始めてますが、まだ時間かかりそうです。

トンネルの開閉もイメージ通り!

しかしこの11月から年末年始にかけてほぼ雨。そして1月、2月の大雪。

畑の様子が気になりながら何もできないもどかしさ。

 

2月20日

雪解けを待ち、半分あきらめモードです。

上の写真から3か月も経ってしまい見るも無残な姿に…と思いきや、触ってみるとしっかりと結球している様子。

 

ボロボロになった外側の葉っぱを取り除いてみると…。

なんとまあ見事!色も形も大きさも申し分なく育ってくれてました!しかも虫も全く見当たりません。

後は肝心の味ですね。

 

4分の1カットにしたところ。ホントにキレイ!

シンプルにお鍋で湯がいてポン酢で頂きました。絶妙!!

 

日頃お世話になっているご近所さん何人かにお渡しして「試食」のお願い。

苗を頂いたお母さんにも感謝のご報告をすることができました!

次回は種からチャレンジしてみたいと思います。

 

 お邪魔ムシ先生

ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)の幼虫

11月頃の写真なのですが、葉っぱが穴だらけになりました。

かなりの数です。手で取り除くのはかなりしんどいので放っときました。

その後寒くなったからでしょうか?全く見かけなくなりました。

結球する葉物野菜の外側の葉っぱってもしかして、寒さや風雨から守ったり、虫さんたちを育ててるんじゃないかと思ったりします。

窒素は葉や茎を作り、リン酸は実をならし、カリウムは根を作る

虫さんたちの排泄物が、リン酸の重要な供給源であることは有名な話。

考えさせられます…。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© 百姓ひろばオズランド , 2018 All Rights Reserved.