アウトドアエンターテインメント

本年最初の種蒔き【トマト・ナス・ピーマン】

2020/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -

3月19日

本年最初の種蒔きはナス科のトマト・ナス・ピーマン。

ポンデローザトマト

真黒ナス

さきがけピーマン

みんなの力を少しずつ分けてもらい、合わせて百姓。

お月様からもちょっと力を分けて頂き、「月のサイクル」を意識した今年の作業計画。

21日の満月にタイミングを合わせ、前日たっぷり水を含ませて一日温めておいたポットに、19日に種蒔き。

発芽まで土が乾かないように新聞紙をかぶせておきます。

約2週間おきにやってくる「満月」「新月」のタイミングを目安に、この後続々と種蒔きしていきます。

 

トマトとナスは昨年初めて自家採種した種。ドキドキします。

沢山あるので、1ポット3粒蒔きにして発芽後に間引きします。

ピーマンは種を購入して初挑戦。

まだ気温の上がらない時期は、色んなやり方で温床(おんしょう)を作って育苗される方がほとんどですが、僕は温床無いのでちょっと遅めの育苗です。

収穫したい時期からの逆算で必要性が出てくるまでは、このスタイルで色々試してみます。

「こうやったらこうなった」という経験は本当に貴重です。

さあ、今年はどんなハプニングが待っていることやら!ワクワクします!

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© 百姓ひろばオズランド , 2019 All Rights Reserved.